【プログラミング】JavaScriptについて

最近会社で受けているプログラミングの研修で、本日はHTML、CSSJavaScriptについて勉強しました。

 

このブログもこれらを使って作成されているんだなというのを思いながら話を聞いていました。

たしかに”HTML編集”なるタブもありますね。

基本的なことはちょっと時間かければできそうでも、凝ったことをしようと思うと今日の内容だけでは無理そう。。。

もうちょっと調べたり勉強したりしてから試してみたいなと思ったり思わなかったり。。。

 

ボタンとか入力フォームもHTMLで作れるみたいなんで使いこなせればいろいろ遊べそうです。

 

 

CSSというのも文字の装飾とかで使用するみたいですね。

これとHTMLの重複している部分がありそうでその境界が理解しきれていなくてモヤモヤしています。。。

どっちを使えば良いとかあるんだろうか。。。

 

また気が向けば調べてみます。

 

 

JavaScriptは、この前までC言語の研修を受けてすぐの別のプログラミング言語の登場で「マジか、、、」という第一印象だったのですが、C言語を学習したおかげで案外すんなり内容が入ってきたように思います。

もちろん使いこなすにはものすごく調べて勉強しないといけないですけどね。

それでも知識ゼロの状態でJavaScriptを学ぼうとすると多分途中で心が折れてましたね。

 

C言語との違いは、

  • 型の定義が必要ない(自動で設定してくれる)
  • 変数定義にはvarを使う
  • 関数の定義にはfunctionを使う

などなど、挙げればもっといろいろあるでしょうが、大きく違うなと感じたのはひとまずこの3つでした。

 

演算とか返り値を返すのはC言語と同じでしたね。

 

 

 

 

ひとまず、今日は今日学んだHTML、CSSJavaScriptについてメモがてら書いてみました。

ではでは。